新人王/早押王ともに同じルールにて行います。

【予選ラウンド】7○3×クイズ
1.参加者は複数の部屋に分かれます。(第1セットは抽選、以降は前セットの成績による)
      各部屋、同じ問題を使用しての7○3×早押しクイズを行います。
      7問正解で勝抜け(勝抜け順に上位)、3問誤答で解答権を失います。
     (本大会では「失格」とはしません。正解数は残ります)。

2.15分間、60問限定、もしくはN名勝ち抜けるまで行います(Nはセット・部屋により異なる)。
      ※第4セットのみ20分間、80問限定に拡大します

3.各セット上位N名は「勝」となり「1勝」を獲得。入れなかった人は「敗」で、「1敗」となります。

4.勝ち抜け者以外の順位は、「正解数−誤答数」で決定。
  同点がいた場合の順位決定方法は、「勝」「敗」に関わる場合か、そうでないかで異なります。   

<「勝」「敗」に関わる場合>

    3問限定のサドンデスを実施。1問正解で「勝」、1問誤答で「敗」とする。
    順位は先に正解した方が上位、先に誤答したほうが下位となる。
    それでも決着がつかない場合は「「勝」「敗」に関わらない場合」の基準に準じる。   

<「勝」「敗」に関わらない場合>

    これまでのセットの成績+エントリー順によって決定します。
    具体的には下記のように上位・下位が決定します。

          「第4セットまでの順位」>「第3セットまでの順位」
                 > 「第2セットまでの順位」>「第1セットまでの順位」>エントリー順(早い人を上位)


5.2セット目以降は「勝」の数が同じ人同士で戦います
  これを4セット繰り返します。

6.第4セット終了時までに3勝以上した人は「準決勝」に進出。
  惜しくも3勝できなかった人は、「最終予選」に回ります。

※ 時間制限がありますが、矢継ぎ早に問題を読むのではなく、問題のフォローなども通常通り行います。
      その上での「15分」とご理解ください。
※   予選ラウンドの各部屋・各セットの勝抜人数は以下の図の通りです。
      (下の表に誤りがありました。正しいものに修正しています。)